トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

スタンプカード

Sp1010011 本日は、スタンプカードを改めてご紹介します。

「風雷軒」時代から継続してまいりましたカードですが、屋号変更で使えないと思われている、お客様がまだおられるかと存じますので、改めてご利用出来ることと、ご利用のご案内を少々いたします。

ラーメン1杯につきスタンプ1ヶの押印で、5ヶ溜まれば「餃子6ヶ」無料、ここでご利用になられてもカードは継続です。10ヶになりましたら「お好きなラーメン」1杯無料です。

注意点として、「お好きなラーメン」は、別トッピングの商品(青ネギ盛・炙り焼豚)の選択は出来ませんのでご了承くださいませ。

尚、カードにも記載してありますが、他の割引サービスやクーポンをご利用の際は、スタンプの押印対象外となります。

2008年6月29日 (日)

夜だけ餃子2

S S_2

夜だけ餃子、残り2品のご紹介です。左が「熱烈棒餃子」で、左が「特製デカ餃子」になります。

あんこ(中の具)のベースは一緒なのですが、棒餃子の方に豆板醤をちょっと多めにしてありますが、違いを出す為にもっと改良していこうと思っております。遊び心を注入しながらhappy01

デカ餃子は画像では4ヶですが、現在1ヶ増量サービスの5ヶとなっております。

前回のとは違い、どちらも自家製の手巻き餃子ですbeer

2008年6月28日 (土)

青森タウン 広告

青森タウン 全国地域情報 「まいどくん」に引き続き、こちにも掲載いたしました。違うクーポンも掲載致しましたので、ご利用下さい。

風雷軒時代のを訂正したので、記事がそのまま残っていますが、新たなみんなの声 投稿へのご意見、ご感想もお待ちしております。

まいどくんに掲載

F6b906c8 ネット広告を出してみました。

どれほどの効果があるかは、これからのお楽しみなのですが、3ヶ月間は無料と言うことで試してみることに致しました。

クーポンも掲載しましたので、是非ご利用頂ければと存じます。

2008年6月27日 (金)

基本情報

住所:青森市浜田字豊田371

℡:017-718-7227

営業時間:11:30~15:00 17:30~21:00 ラストオーダー20:30

駐車場:10台 うち1台は4t程の駐車可能です。

103号線(観光通り)は、右折禁止ですのでご注意下さい。

席数:46席 分煙形式 小上がり3テーブル 他6テーブル カウンター8席

食券方式で、1万円・5千円券ご利用可能です。

2008年6月26日 (木)

冷し醤油ラーメン

S 本日は、「冷し醤油ラーメン」のご紹介です。これからの暑い季節にいかがでしょうか?

まずは、出汁ですが「甘露醤油」にも使用しています水出しの煮干し出汁(焼干、その他使用)を合せております。

生臭さをなくす為、煮干しの一部を入れ替えいたしました。

濃い口醤油使用の仕上がりは若干の甘めで、麺は選んで頂いても良いのですが、つけ麺にも使用してます「太麺」を合せてみました。「辛くない和風冷麺」のようなイメージかと思います。

トッピングは見ての通りなんですが、紹介しますと味付けもやし・ワカメ・半味玉・メンマ・炙り肩ロース豚・青ネギ・いりゴマ、です。

2008年6月25日 (水)

本日のまかない

P1010006 今日の賄いは、店のお隣にある「こがねちゃん」の幕の内弁当に納豆でした。実は、結構利用していますsecret

ご飯はお店にあるので、おかずのみを買ってきての賄いで、いろいろなことで「こがねちゃん」には、大変お世話になっております。

おばさんとは世間話をしたり、おじさんには冬場の雪のかたずけを助けてもらったりと、良い近所付き合いが出来てるかなと思いますconfident

良い近所付き合いということでは、反対隣の木村クリニックさんhospitalにだけですが、出前してるんですよrun自分の方は、病気しないのでいまのところお世話になってはいませんが。

2008年6月24日 (火)

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ にほんブログ村なるものに参加してみました。

人気ブログランキングへも参加してみました。

2008年6月23日 (月)

夜だけ餃子

S S_2 「夜だけ餃子」のご紹介です。

夜の部、17:30からの販売になります。4品ほど揃えてみましたが、本日は「ぱりぱりミニ餃子」(左)と「もちっと餃子」です。

ここだけで、ばらしちゃいますが、どちらも仕入れ商品で、「ぱりぱりミニ餃子」は製麺所さんからの特注の四角い皮を、別に敷いて焼き上げてみました。「もちっと餃子」はヤフオク経由の横浜からのお取り寄せなんですcoldsweats01

もちろんどちらも、純国内産ではありますのでご安心下さい。

次回紹介予定の2品は、自家製ですので自信を持ってご紹介いたいと思います。

これから、ビールの季節ですが、餃子をつまみに一杯beer 如何でしょうか?

本日のまかない

P1010003 本日から始めました、「おにぎり無料サービス」初日とあって気合いれて多めに仕込んだのですが、余ってしまいました。したがって、おのずと賄いに。

鮭とワカメの混ぜ込みご飯を握ってみました。しばらくは、このパターンになりそうですが、今後いろいろアレンジする予定です。

riceball 3ヶ食べたら飽きてしまいました。shock

2008年6月22日 (日)

本日のまかない

Hiyashi 本日は「冷し中華」を久々に作ってみました。

昨日、味玉作りの際、卵のゆで具合がよろしくなくて5個ほど失敗してしまったので、潰して厚焼き状態にしてみました。後は、キューリだけの買出しで済みました。

例年、お店でも「冷し中華」はメニューに入ることがないので、たれの配合を忘れてしまっていて大体こんなもんか位で仕込んだら、バイトさんに「チョット甘かった」「酢が足りない」と指摘を受けてしまいました。

画像での見た目もあまりおいしそうではないですが、まあまあの出来でしたね。

2008年6月21日 (土)

下手な鉄砲。

Locprint ら~めん道場のスタイルについて悩んでいます。

と言うのは、いままでのメニューで「白湯醤油」「味噌ラーメン」や「スープカレー麺」「蛮辛みそタン麺」など多少のファンがおられるのに、この店名可変型ラーメン店のスタイルではその都度お客様を裏切っていることに、なってしまっているのがとても心苦しく、営業的にむしろ逆効果になってしまっているのではないかと。

とは言え、いろいろな要因があるとは思いますが、右肩下がりの営業のまま指をくわえたままでは、生き残ること自体危うい状態になりかねないことを考えると、何かを仕掛けないといけないという切羽詰った思いもあるわけです。安定的な営業を目指すにはある程度のヒット商品を見出さなければとの思いで、鉄砲を撃ちまくっている訳ですが、やはりお客様の中には快く思っていない方もおられる現状のようです。

現実には、「北の国ら~めん カムイ」の時も今回の「醤油や本舗 むらさき」でも、有り難い事に徐々にではありますが、お客様の人数が増えて来ていることを考えればやって良かったなと思える訳です。しかし、一方では固定客であるお客様をないがしろにしてしまっているのです。こちらを立てれば、あちらが立たず状態ですね。

でも、一旦このスタイルでと決めたからには、貫き通したいとは考えますが、過去の人気メニューを集めた復活編的なこともやってみたいと考えております。数あるラーメン店の中に、この様な変わったラーメン店があってもいいのではないかと考える次第です。

変わり者ついでにですが、「ら~めん道場」に屋号変更時から考えてた「道場やぶり」システムなのですが、これから出店を考えてる方の試験的営業の場とか、ラーメン好きで自作ラーメンの発表の場としてとか臨時的に営業できるシステムを作れないものかと考えておりました。

最後になってしまいましたが、「おにぎり無料」企画を予定しております。平日限定ではありますが、休み明けより実施したいと思います。よろしくお願いします。

コク節つけ麺

S 本日は、コク節つけ麺のご紹介です。

まずは、つけダレですが豚と鶏スープの合せで、醤油は甘露醤油をあわせてみました。辛味と酸味を少々加えまして最後に決め手の節粉です。

麺が手打ち麺・細ちぢれ麺・太麺からのチョイス方式です。おすすめは太麺で、現在「大盛無料サービス中」ですので、是非お試し頂けたらと思います。

スープ割り用の入れ物がまだ準備出来ておりませんが、言って頂ければ一旦お下げして対応いたしますので、お気軽にお申し出下さいませ。

2008年6月15日 (日)

熟成甘露醤油

S_2 本日は、「熟成甘露醤油」のご紹介です。

風雷軒時代にも挑戦した、津軽系ラーメンに再度挑んでみようと開発した商品なのですが、わたくし店主なりの津軽系をイメージした商品ですので、「まったくの別物」と言われそうですが、そこはご了承下さいませ。

出汁には、焼干し・ひらこ煮干・かた口煮干を使用し、煮出しと水出しの合せ出汁にしてみました。

トッピングと麺に関しては、前々回に紹介した「鶏コク淡口醤油」と同様です。

そしてこの商品の決め手となる、かえし醤油が「甘露醤油」なのですが、あまり聞きなれないかと思われます。「再仕込み醤油」なら聞いた事があるという方が多いと思いますが同様の作り方のもののようです。 京都からの醤油なのですが、旨みが強くほんのり甘い醤油です。

2008年6月14日 (土)

豚コク濃口醤油

S 本日は、豚コク濃口醤油のご紹介です。

今回のメニュー開発時に、こってり系メニューを一つに絞っての予定でしたが、絞り切れずに鶏と豚という二つのメニューにしてみましたところ、本日の営業でもこちらの豚コク濃口醤油を選ばれる方が多いようです。今のところの一番の人気メニューと言ったところです。

白湯系の豚骨スープですが、やや濃厚目の煮干がやや強めの出汁と鰹だしを合せた、Wスープ仕立てにしてみました。

麺はこちも、手打ち麺と細ちぢれ麺からのチョイス形式です。

かえしの醤油なんですが、濃口を使用しているものの画像でもお分かりの通り、醤油の色身がスープに消されています。淡口醤油よりも塩分が少ないため、量的には多く使用していますので、見た目よりも醤油感はあると思います。

トッピングは鶏コク淡口醤油と同様シンプルですが、画像を撮った後に変更があり、肩ロース煮豚ではなく、バラ肉の炙り焼豚に変更いたしました。

鶏コク淡口醤油

S 本日は、「鶏コク淡口醤油」のご紹介です。

スープは風雷軒時代からの流れを引き継いだ、鶏白湯系のスープですが、今回は煮干がやや強めの出汁と鰹だしを合せた、Wスープ仕立てにしてみました。宮崎産鶏をメインに使用し、豚も一緒に炊き上げていますのでこのように白濁したスープになります。動物系が強いので煮干だしがあまり感じられないかもしれません。

麺は手打ち麺と細ちぢれ麺から選んで頂くのですが、どちらも国産小麦を使用した、小麦が薫る香りの良い、県内製麺屋さんからの麺です。

具は、今回シンプルに肩ロースの煮豚とメンマとのり、そして青ネギです。この青ネギ、本当は「九条ねぎ」を使いたかったのですが、関西からの仕入れなんです。

そして、かえしの醤油ですが、色合いの薄いやや塩分の強い醤油が鶏の風味を邪魔しないようにと合せてみました。

2008年6月13日 (金)

再スタート

Photo_2  「風雷軒」時代でのブログを終了し、「ら~めん道場」として、新たに再開しようと思います。

風雷軒のブログは、後半だいぶお休み状態でして、せっかくアクセスして下さった方には、がっかりさせてしまって申し訳なく思う次第です。

ら~めん道場での第一弾「北の国ら~めん カムイ」も当初予定より1ヶ月ほど長めの営業で、6月8日にて終了いたしました。

第二弾として、醤油をテーマにした「醤油や本舗 むらさき」にて、6月10日より再スタートいたしました。

屋号とメニューを変えるごとに、今までご来店して下さっていたお客様を裏切るような感じで心苦しいのですが、大屋号を「ら~めん道場」に変えてからのコンセプト通りに、今後も新たなテーマでのラーメンをご提供するラーメン店でありたいと思う次第です。

変わったラーメン屋だなとお思いの方もおられると思いますが、何せ店主が新し物好きの変わり者ですので、ご理解願えたら幸いと感じます。

今後、ぼちぼちの記事の書き込みになるとは思いますが、何とぞ宜しくお願い申し上げます。

最後に、「醤油や本舗 むらさき」のスタートに、ご協力下さった皆様にこの場を借りて、心より御礼申し上げます。

トップページ | 2008年7月 »


アクセスランキング

ポチッと!応援願います!

★よく利用するサイト広告

無料ブログはココログ